MTB(Cannondale Jekyll 600)紹介2

前回の続きです。

b0058907_22255911.jpg

リヤのカセット(多段のギヤのこと)は スラムPG-950(9段)です。
リヤディレイラー(変速する装置)は シマノのXTです。
しかし、カセットとディレイラーのメーカーが違うのは、相性に問題が有る様な気が
します。
最近は調整しても、一発でギヤが変わらない時が多いので、この辺の問題が
発生しているのかも知れませんねー。
カセットをシマノ製に変更すると、他のパーツもシマノ製に変更しないといけない
ので、相当お金が掛かります(汗)。


b0058907_22414132.jpg

クランクセットは トルバティブ ファイブDです。
フロントのディレイラー(変速装置)もシマノ製のLXなので、フロントも違うメーカーで
組まれています・・・。
なぜ、こういう中途半端な組み合わせなのかを推測すると、たぶん、MTB全体の
値段が高くなりすぎる為に、ギリギリの線で安いパーツを選んだ為だと思います。

まあ、レースに出る訳でも有りませんので、普通に山道を走る分には
問題なしですけどね(笑)。



b0058907_22592316.jpg

サドルは、もともとフィジークのニセネというサドルが付いていましたが、
2キロも走行すると、お尻が痛くてたまらなくなるので、スペシャライズドの
サドルに、直ぐに変更しました。
いやー・・、このサドルは凄く良いです。50キロくらいの距離を走っても、殆ど
痛くなりません。
スペシャライズドというメーカーもMTBを作っているアメリカのメーカーで、
とても有名なメーカーです。
キャノンデールとは正反対の考え方のメーカーですので、ライバル企業です。
スペシャライズドは、MTBのフレームをモノコック構造にするなど、オート
メーション化して量産し、MTBの値段を下げる努力をしています。

キャノンデールはアメリカ国内で手造りに近い生産をしています。
私のMTBの写真を良く見ると分かると思いますが、フレームの継ぎ目
(パイプとパイプを繋いだ部分)の溶接の跡が有りません。
というか、溶接した後に残るビードと呼ばれる部分を、丁寧に研磨して
いるんです。
そのため、キャノンデールのフレームはとても綺麗なのです。



b0058907_23332743.jpg

シフターはシマノのディオーレです。
ディオーレはシマノのパーツでは、性能の低いシリーズですが、まあ今の所
問題は有りません(笑)。



b0058907_23405336.jpg

サイクルコンピューター(スピードや走行距離などが出ます)はキャットアイの
AT-100です。
山を登った時の高度計や温度計なども付いているので、これに決めました。
しかし、高度計は殆ど使っていません(汗)。

総合的に見て、キャノンデールの、このクラスのMTBは値段の割に、
パーツがショボい感じです(汗)。(台湾や中国で生産しているメーカーに比べて)

次に買い換える時は、最高のパーツが付いてるシリーズを買いたいものです
目が飛び出るほど、値段が高いですが・・・・(笑)。
[PR]

by ymx88 | 2005-07-03 00:03 | MTB

MTB(キャノンデール ジキル600)紹介

たまには私の乗っているMTBも紹介しないと(笑)
MTB(マウンテンバイク)のメーカーは、アメリカに在るキャノンデール
(cannondale)というメーカーの
ジキル600(Jekyll 600) 2004年モデルです。
b0058907_2149231.jpg


この写真は買ってすぐの頃の写真なので、ブレーキはVブレーキで、
シートやペダルも純正(?)のままです。

Jekyll 600 にしてはトップチューブが曲がっていて、ママチャリみたいと
思われる方がいると思いますが、これはSサイズのフレームだからです。

Mサイズからはトップチューブも真っ直ぐで、普通のスポーツ車な感じですが
いかんせん、アメリカ人の体格に合わせていますので、Mサイズで山で安全に
走るためには、身長が177cm以上は必要でしょう。
もちろん、足の長さによりますが(笑)。
175cm以下の身長の方は、絶対にSサイズにした方が良いでしょう。
下りでコケそうになって、トップチューブに股間が激突したら・・・・・。
考えただけでも恐ろしいですね(汗)。


  キャノンデールのサイト 



その後、Vブレーキでは雨の日に利かないし、山の下りで指が疲れるので、
ヘイズ製の油圧ディスクブレーキ HFX-9 XC に交換しました。
(値段は工賃含めて4万円だったと思います)
b0058907_21552837.jpg


b0058907_21554616.jpg


  ヘイズJapanのサイト

ヘイズはアメリカ製のオートバイに良く使われているブレーキです。
人によっては、レバーにガタが有るという方が居ますが、
私のは全くガタ等の問題は有りませんねー。
日本製のシマノと同じ位、性能は高いと思います。

b0058907_22125179.jpg

レバーはこんな感じです。

ペダルはシマノ製の片面が普通で、反対面がSPDのペダルです。
当初、MTBを通勤に使おうと思っていたので、このペダルに替えたのですが、
山を走る時は、SPDは要らない感じです。
ツーリングで長い上り坂では助かりますけどね~。↓
b0058907_22202150.jpg


  シマノのサイト 



フロントフォークは マニトウ(Answer製)のブラックエリートです。↓
b0058907_22264931.jpg


  マニトウのサイト


リアサスペンションは FOX製のフロートRLプロペダルです。↓
このサスペンションが付いてるので、このクラスのMTBを買ったと言っても
過言では有りません(笑)。
特徴は、上りのペダリング(漕ぎ)の時の体重移動などでは、サスペンションが
動かない(漕ぎのロスがない)という点です。
デコボコ道などの路面の段差が大きくなると、サスペンションが普通に動き出します。
良く出来た機構ですね~。乗ってて感心します。
b0058907_22354324.jpg


  FOXのサイト



次回は、私のMTBの良くない部分を紹介します(笑)。
[PR]

by ymx88 | 2005-06-09 22:58 | MTB